経営理念





ご挨拶


ご挨拶

 弊社は、前身の西武酪農業協同組合の設立以来、70年以上経過していますが、「相互扶助・互恵の精神」を引き継ぎ、自然環境豊かな関東地方西部に立地している利点を生かし、継続して食文化を創造して参りたいと思っています。

 また、和の心を大切に、誠意をもって活動し、社会正義を守ることに貢献していきたいと考えています。

そして、製品の安全・安心を常に心がけ、栄養豊かな商品を多くの消費者にお届けして皆様の健康増進のお役に立ちたいと願っています。

 今後とも変わらぬご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。


代表取締役社長  佐 伯 吾 郎 

会社概要

会社概要
商号西武酪農乳業株式会社
所在地〒350-1244
埼玉県日高市野々宮145番地
TEL042-989-1331
FAX042-985-1258
設立平成3年3月6日
資本金61,300千円
役員取締役5名、監査役2名
代表取締役社長佐伯吾郎
従業員約80名
主要取引先

中沢乳業㈱、埼玉県内学校給食用牛乳、パルシステム生活協同組合連合会、㈱エコス、量販店、幼稚園、保育園、病院、販売店、レストラン、喫茶店、製菓業者 他

取引先銀行埼玉りそな銀行、飯能信用金庫、JAいるま野 他
業務内容牛乳、生クリーム、発酵乳、清涼飲料水、その他乳製品の処理、製造販売、

     

     

会社沿革

昭和 21年11月 高麗川村(八高線高麗川駅前)に牛乳処理工場を建設、
西武酪農組合の第一歩を踏み出す。
22年1月 名称を西武酪農組合とする。
23年11月 西武酪農業協同組合として、高麗・高麗川・毛呂山・飯能・高萩・大家・川角、2町5ヶ村の組合員により酪農専門農協を設立。
38年3月 事業の拡大に伴い現在地に新工場を建設、操業開始。
60年4月 研修棟と事務棟を建設、移転。
平成 9年10月 県内4酪農協同組合(合併農協、けやき酪農業協同組合)と合併。これに伴い牛乳・乳製品の加工部門を分離し、西武酪農乳業株式会社へ移行。
10年11月 厚生省により総合衛生管理製造過程(HACCPシステム)による食品の製造又は加工について「牛乳」が承認される。
11年7月 厚生省により総合衛生管理製造過程(HACCPシステム)による食品の製造又は加工につ
いて「加工乳・乳飲料」が承認される。
15年3月 平成14年度乳業再編整備等対策事業(効率的乳業施設整備事業)牛乳処理工場が完成。
18年4月 ESL対応大型紙充填機(7000本/時間)1台導入。
21年8月 埼玉県による彩の国ハサップ(食品衛生自主管理優良施設確認制度)として優良取組施設に公認される。
21年9月 HTST殺菌(75℃15秒、6000本/時間)製造設備の新規導入及び、排水処理施設の処理能力向上のための増強工事実施。
24年9月 埼玉県知事より彩の国づくりのパートナーとして「彩の国工場」に指定される。
28年10月 ヨーグルト発酵設備・カップ充填機増設

     

     

アクセス